ソーシャル&ネットビジネス活用術

三谷 修弘

 

自己紹介

「為せば成る」がモットーの中年サラリーマン、三谷 修弘です。
2013年になってからソーシャルの利用を始め、5月からネットビジネスの本格的な勉強を開始しました。
「為せば成る」を実践するべく、鋭意努力中!
 

Facebookフィード購読

 

ソーシャル&ネットビジネス活用術

 

RSSフィード購読

RSSフィード購読はこちらから
 
 

最近の投稿

 

カテゴリー

 

アーカイブ


ソーシャル&ネットビジネス活用術


ソーシャル ネットビジネス
私が学んできたソーシャル活用手法やネットビジネスの基本ノウハウを配信していくブログです。
雑談や有益な情報を交えながら、随時情報を配信していきます。
皆様に役立つブログにしていきますので、よろしくお願いします。



Facebook非公開グループ


同名のFacebook非公開グループを運営しています。
Facebookを利用中の方は是非ご参加くださいね。
参加申請は、下記リンク先右上の「グループに参加」ボタンを押してください。

Facebokグループ参加はこちらをクリック




メルマガ配信


メルマガを配信しています。
ソーシャル活用とネットビジネス運営を用いて、人生を成功へ導く為のノウハウを毎朝配信しています。
是非登録して、ご購読ください。
下記バナーをクリックして、リンク先で詳細確認後にメルマガ登録してくださいね。
メルマガにてお待ちしています。

----------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------


Facebookへの投稿でやってはいけないこと その2



 

おはようございます。

 

今回は、「Facebookの投稿でやっては

いけないこと」、第2回目となります。

前回の記事で、3項目のやっては

いけないことを紹介しました。

今回は、残りの禁止事項を紹介して

おきます。

今後Facebookで活動していく上で、

基本マナーとして常に頭においておいて

くださいね。

 

 

 

①アフィリエイトのみの投稿

Facebookでアフィリエイトを実施している

人は数多くいます。

普段は普通に投稿して友達とやりとりを

楽しみ、たまに良さそうな商品を紹介して

アフィリエイトをする。

この程度であれば、何の問題もありません。

 

問題は、ひたすらアフィリエイト投稿

ばかりを繰り返している人です。

投稿の大半、下手をすると投稿全てが

アフィリエイト投稿、そんな人もいます。

そのような投稿に対して、それを読んだ人が

楽しい・共感するなんて思ってくれるはずが

ありません。

つまり、Facebook上で友達を作って

人脈を築いていく、それは絶対に不可能と

なるのです。

 

アフィリエイト投稿をするのならば、

ごくたまにだけにしておきましょう。

また、そういった投稿をするのであれば

Facebook上で信頼関係を築いた友達が

増えてからにしましょう。

初期の頃は厳禁と考えてください。

 

ちなみに、過去に見かけた一番最悪の人。

いきなり友達リクエストが来たのですが、

タイムラインを訪問したら4・5分おきに

ひたすらアフィリエイト投稿を

しているだけの人でした。

当然リクエスト非承認ですけどね(^^;;

 

 

 

②シェアのみの投稿

Facebookには、「シェア」という機能が

存在します。

ある人の投稿を

「これはいいな、皆に知らせたい!」

そう思った時、その投稿をシェアすれば

自分のタイムラインにその投稿を

表示出来ます。

Twitterで言う、RT(リツイート)と同じ

機能です。

 

しかし、人によっては自分の言葉による

投稿を全く行わず、ひたすらこのシェアのみを

繰り返している人がいます。

正直に言うと、そんな人の投稿は読んでいて

何も面白くありません。

まったく自分の言葉を使わず、人の投稿を

そのまま繰り返しているだけなのですから。

当然ですが、そういった方の投稿には

ろくに「いいね!」も入らないことになります。

 

シェアばかりやっていると、周りの人から

「この人の投稿はつまらない」

そのように思われてしまいます。

その結果、ろくに読んでもらえなくなります。

当然、信頼関係に結ばれた友達なんて

出来るはずもなく、人脈も築けません。

 

シェアというのは、「ここぞ!」という時にだけ

行いましょう。

「これは凄い、皆に知らせたい!」

「これは感動した。友達と分かち合いたい!」

そのような投稿に巡り合った時にだけ

シェアは実施しましょう。

普段は、自分の言葉でしっかりと書いて

投稿するように。

 

 

 

③人のタイムラインに投稿しない

Facebookの投稿は、基本は自分の

タイムラインに投稿を行います。

しかし、実は友人のタイムラインへの

投稿も可能なのです。

友達のタイムラインを訪問すると、

投稿枠が表示されていると思います。

(*設定によっては存在しません)

そこに投稿記事を書いて投稿ボタンを押すと、

友達のタイムラインに投稿出来るのです。

 

しかしこの行為、基本的には絶対に

行わないようにしてください。

本来、タイムラインというのはその人の

日記・歴史記録みたいなものです。

そこに他の人が何かを書き込むというのは、

言い換えると落書きを入れるような

ものなのです。

落書きを書かれて良い気分になる人がいますか?

 

友達のタイムラインへの投稿は、よほど特殊な

事情が無い限りは行わないようにしてください。

通常は、友達のタイムラインに投稿するのは

誕生日のお祝いメッセージの時くらいの

ものです。

 

なお、よく友達リクエストを承認して

もらった際、その相手のタイムラインに

「承認ありがとうございました」

と投稿する人がいます。

これも明らかに落書きなのです。

絶対に行わないようにしてください。

承認のお礼は、メッセージで送るように

してくださいね。

私はそれで怒るようなことはありませんが、

人によってはかなり不愉快に感じている人も

いらっしゃいますので。

 

 

 

2回に渡って、投稿でやってはいけないことを

紹介させていただきました。

ソーシャルを活用していく為に、今後

どんどん友達を増やして人脈を拡大して

いきます。

その際、こういったマナー違反の行為を

行っていると、人脈を拡大することは

不可能です。

注意していきましょう。

 



こちらも合わせてお読みください

2014年01月15日 Facebookの将来性

メルマガ購読者 募集中

三谷が発行するメルマガへの登録はこちらから!



Facebook非公開グループ 参加

Facebookの非公開グループへの参加はこちらから!

Facebookグループ参加希望




公開中 無料レポート

公開中  お薦め無料教材

週末コンサルタント

4月3日23時59分 公開終了
週末コンサルタント



アフィリエイトマスター講座




セミナーズブートキャンプ




Facebook入門動画




Twitter攻略法動画